柔軟性

バレエダンサーは身体が柔らかくないといけないとよく言われていますが、本当にそうでしょうか?もちろん柔らかいに越したことはありませんが、何も考えず、ただむやみやたらに開脚をする。前後開脚すなわちスプリッツ、カエル寝、背筋がつくといわれている『ひこうき』などはすべて無意味です。

『ひこうき』は子供のクラスでは、ずっと理屈ばかりでレッスンすると疲れてきますし集中力が持続しないので、少しは取り入れますが、それをメインには考えていません。

バレエは、皆さん(保護者の方も含め)ご存知の通り、股関節、膝関節、足首をアンディオール(外旋する、外向きに)することにより、美しいポーズがとられたり、脚を高くあげることができる芸術です。ですから股関節が開かない、開いていない状態では、脚は上がらないし痛めるし、そもそも間違えているのですから無意味なのです。

開脚ストレッチをする時は、膝は上を向けて伸びていますか?股関節を回し、外旋させ、お腹に力を入れて、上体は引き上がっているでしょうか?これができていないと全てパーフェクトとは言えません。開脚ができる=身体が柔らかい、、ではないのです。

開脚はできるのに、柔らかいはずなのに、何故グランバットマンで脚が曲がるのでしょう?ピルエットで軸となる脚が曲がるのでしょう?ドゥバンデブロッぺで、軸足が曲がり、背中が丸まり、骨盤が付いていってしまうのでしょう?パッセ(ルティレ)をしたとき、骨盤の左右の高さが変わってしまうのでしょう?これらは、脚の動きに引っ張られて体幹が崩れていっている証です。

本当に身体が柔らかいというのは、動かしたい部分だけを切り離し、滑らかに動かせる人のことを言います。

開脚ができても、パッセで膝が真横にきても、大腿部からアンディオールできていない人は、股関節は硬いとなります。

ピルエットをしてもらうとよくわかります。立っているだけだと、パッセはきちんと真横へいきます。が、旋回するとインパッセになる人、多いです。そんな人は、体幹が崩れていて身体は硬いのです。

今の令和時代、解剖学の勉強はかかせません。理屈で練習をすれば必ず上達しますし、理にかなってるレッスンをしなければいけないと考えています。

『カエルさん』や『ひこうき』や『ブリッジ』は達成感を得るためにしているだけで、これらができたからといってバレエは上達しませんよ😅新体操選手やフィギュアスケート選手などはアクロバティックな練習をしています。ですが、彼らの選手生命はとても短いです。痛みとの闘いだからです。

バレエを長く継続するためには、よく考えてストレッチ&柔軟をした方が良いですね。

何も考えていない開脚をするより、四つん這いになって仙骨にペットボトルを乗せて腹筋を強化する方がよっぽど効果的です。

身体が柔らかいのと、柔らかい踊りができることとは違います。

わからない方はいつでも質問に来てくださいね。

 

 

 

 

2022年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930