お盆でも男性リハはあります

あっという間に、もう8月も中旬に、、、。

お盆に突入しました。通常レッスンはお休みですが、男性リハーサル、そしてコンクール組はお休みなしでレッスンです!

昨日も、日曜日ですが、パドドゥ組のリハーサル。

ボリショイ帰りの光璃、先のコンクールで仲良く入賞した和奏、茉美子がリハーサル。

中学生組はまだまだだなぁ。力がない。プリエを大切に、音の取り方、微妙な間(ま)を感じてね。見ていて伝わってこない。本読みで例えると棒読み?振りをなぞっているだけ。1番やっちゃいけないこと。もっともっと大切に振りを噛み砕いて考えて欲しい。まだ2回目ですが、もっと食い付いていかないと。

その点、光璃はなかなか良くなっていました。今やるべきこと、まわりの空気、男性からの注意をしっかり自分のものにし、吸収しようとする意欲が見える。なかなか頼もしい高2です。意外にもがっつりグランを組むのは初めて。

バレエの世界に限らず、愚痴を言うのも、文句を言うのも一人ではできないんですよね。同じ考えの人が周りに集まる。だけど、そんな時、「そんなこと言わずに頑張ろうよ」と励ましてくれる人も、あなたの周りの人。

バレエ留学がダンサーを成長させてくれる理由の一つには、本気で頑張っていこうと考えている子が集まってきているから自然と自分も頑張っていける。という点があげられます。

逆には、いつも文句ばかり言う人。放課後 身体に悪いものばかり食べに行ってしまったり、無駄にお金を使ってしまう子たちと一緒にいるとそんな癖がついてしまいます。自分のまわりにある意見、態度っていうのは自分の平均値になってしまいますから友達選びも大切なこと。でもスタジオでプロになりたい子が自分1人しかいない場合、これってなかなか難しいものです。本気を目指す子は海外留学も選択肢の一つとして入れた方が良いと私は思います。もう少し深くお話しを聞きたい方は個人的に、、😊

遅くなりましたが、8月の格言

「なりたかった自分になるのに、遅いということはない」

ジョージ・エリオット(英国の女流作家)

暑い夏を乗り切りましょう👌