コンクール

コンクール


今日は、コンクールでした!

小学6年生。マリカちゃん。

本当によく頑張りました。

本格的に特訓を始めて2カ月。

メキメキ上達し、指導している私がビックリするほど。

結果は、1点足りず、残念。

1点の重みを感じます。

この結果は、きっとこれからのバレエ人生において、素晴らしい経験になるはず。

悔しくて悔しくて涙が出るでしょう。
だけど、それは一生懸命頑張ったからこそ流せる涙です。

マリカちゃんと半日一緒にいて、すごい!と感じたのは、わからないことはきっちり質問してくれ、お返事もヨシ。親御さんの躾が行き届いています。

まだ6年生。

これから経験を積んで、もっと磨きをかけて欲しいです。

そして、会場まで応援に来てくださったみなさん、ありがとう!

メイク道具や、荷物は完璧に整理整頓され、ぐちゃぐちゃになることなく、

裁縫道具ちょうだい〜〜

レッグカバー出して〜〜

頭飾り〜〜

口紅〜〜

身体塗るからファンデ〜〜

すぐ、さっさと出てくる。

バタバタしない。ぎゃあぎゃあ言う子もいるのに、マリカちゃんはおとなしく冷静で落ち着いていました。

整理整頓の出来る子は、踊りも几帳面。

ダンサーは、踊りに生活が出るからです。

マリカちゃんの踊りをもう一度決選で見たかったけど、1点の重みを大切にまた来週から精進して欲しいです。

そしてそんなマリカちゃんを励まします〜〜と言ってくれる先輩たち。
皆、優しい子たちばかりです。

自慢の生徒たちです。