IDTCI国際バレエコンクール シンガポール セミファイナル

日本が寒さ厳しくなる中、カンパニー生・北川茉美子が、『IDTCI国際バレエコンクール』に出場するため、シンガポールへ渡りました。

シンガポールは、雨季☔

晴れていたかと思うと、急に雷雨になったりしましたが、比較的恵まれ、日本の春先のような気候で大変過ごしやすかったことは、体調管理の面で有り難かったです。

深夜に到着し、2日目から、YGPシンガポール予選をコーディネートされているシンシアさんの計らいで、イタリア人の先生の個人指導を、みっちり受けることができました。

審査本番、唯一の日本人出場者という完全アウェーでの出場でしたが、萎縮することなく、無難にこなせることができました。

ただ、「まだまだ動けるなぁー」「腰引き上げる」「肩下げる」など、改善面が多々見えたので、これからが益々楽しみです。

 

【結果】

第3位受賞🎖️

THE DALLAS CONSERVATORY スカラシップ

素晴らしい賞を、芸術監督のジョージ・ビルカッツェ先生よりいただきました。

 

表彰式では、『マミコ キタキタキタッガワガワ』とか言われましたので、うむ❓呼ばれた?という感じ。

撮影もできず、、惜しいことをしました💦

素敵なダンサーの皆さまと、先生方に心から感謝いたします。

 

このコンクールが、茉美子のスキルを上げ、可能性や選択肢を広げてくれたことは、言うまでもありません。

この経験で、更に飛躍してくれるでしょう。

 

留守を守ってくれた、まゆ先生、さゆり先生、そしてスタジオのみんな。

ありがとう😊