短期留学権獲得

『先日9月24.25日に開催されたPIBC大阪2022コンクールにおいて、福田茉莉香がオーストラリアクイーンズランド・オブ・ダンスの短期留学権を獲得しました!
クラシック・コンテンポラリー・レパートリーorジャズを学べるそうです。

入賞できなかったのに、たくさんの参加者の方々から選んでいただけましたこと感謝です。

田中景子バレエスクールでは、個人に合った留学先、進路、コンクール選び、あるいは学業と両立できるようサポートしています。
学業が大変だからといってバレエを諦める必要はありません。
親御さんのご協力があれば、充分両立は可能です。時間はあるものではなく作るもの。
『バレエ大好き』の気持ちは必ず反映されるもの。
『バレエ大好き』の気持ちがあれば、どんな障害でも乗り越えられると思います。

バレエは習い事。そうです。スイミングや野球、サッカー、空手、ピアノなどと同じです。
その習い事から学ぶことはたくさんあります。学校では学べないことが、習い事では学べるのです。

私のように、習い事からはじまり、プロのダンサー、そして指導者としてバレエを生業とし自立・独立できる人はひと握りです。
ほとんどの方が習い事で終わります。だけど続けることは財産。必ずご褒美が待っています。
習い事には、保護者の方の時間・労力・お金が必要です。それは習い事だけではなく、子供が成長する過程では当たり前のこと。

こんなに時間をかけているのに、、

こんなにがんばったのに、、

こんなに費用掛けたのに、、

上手にならない、結果出ない、、、とか考えないでください。

そもそも結果って何?
コンクールで数字を獲ること?賞状やメダルをいただくこと?留学権を獲得すること?
もちろんそれも結果です。

がんばった経験、がんばった事実が残ります。それが大人になり必ず活かされます。
目に見える形ではなく、心に残ります。

お子さんが習い事も学業もがんばろうとしている時は、両方無理❗️と言わずにそっとサポートしてあげてください。決して大人の価値観を押し付けないであげてください。
時々、『実は塾やめたいねん』『他の習い事やめたいねん』と子供たちから聞かされると胸が痛くなります。

子どもたちの人生が豊かになりますように私たち大人がしっかり子どもたちを観察し、サポートしましょう。

田中景子』