YAGP2019日本予選を終えて

YAGP2019日本予選を終えて

あっという間にYAGP2019日本予選が終わりました。

発表会お疲れ休みの間に、コンクール!!

YAGPは日本中からトップバレリーナたちが集まり、賞を貰うために頑張るだけじゃなく、海外留学を目指す、夢を掴むため、叶えるためのコンクール。だから、海外留学を目的としない人、またスカラをいただいても辞退する人は失礼ですので最初からエントリーしない方が良いと考えています。

今回、スクールとしても初チャレンジ!!
アンサンブルで優梨・ひかり。
振付は丸山先生。

YAGPは踊って、はい終わりじゃなく、WSがついている有り難いコンクール。
同年代のトップバレリーナたちとレッスンを共にし刺激を受けて欲しかったので、勧めました。
田中バレエは、ゆる〜〜いスクール。
上下関係の厳しさなし。みんな仲良し。またそれが私の誇りでもあるのです。
ですが、時にはそれが仇になり、損をすることだってあるのです。
夢があるんだったら、若いうちに頑張っておかないと、まず叶わない。
いつも言っていますが、ゆる〜〜く、たのしーく、バレエをするのも立派なバレエ。ただ、それだけでは物足りないなら、とことん突き詰めるべき。

花だって、遅咲き、早咲きがあります。どっちだって咲けばいいじゃない?って思うかもしれません。
でも、タイミングを間違えると、つまり、お水をやり肥料をあげない。またあげてもタイミングが狂えば、遅くたって早くたって花は咲きません。
人それぞれ、タイミングは違います。
それをしっかり見極めていかないといけないと思っています。

今回、TOP6に入れなかったので、少し悔しいけど、また次回に繋げて欲しいと思います!
頑張っているのは皆同じ。
頑張っているか評価するのは自分ではなく、他人です。本当に頑張っている人は、私頑張った〜〜とは絶対いいません。
人は悔しい思いをしないと成長はしません。経験者は語る、、です。

700人以上が舞台に立つ表彰式は圧巻!!
さすがユース!!

また、来年ここに戻ってきたいな。

丸山先生、保護者の皆様にお礼申し上げます。




⌘iPhoneから送信