ファイテン体験会終了‼️

ファイテン体験会終了‼️

昨日、ファイテン体験会がありました。
たくさんの生徒、保護者の方々にお越しいただきました。

ルルベも高くなり、甲が出る。

股関節の可動域が広がり軽くなるなど、驚きの声がスタジオ中に響きます^ – ^
特に、故障のある子にとっては、目から鱗だったのではないでしょうか。

指導をしていて感じるのは、痛いからできないと、諦めてしまっている子が多いということ。

それに対し、ケアしたの?
してません。

何でしないの?
やり方がわからない。

こんな子が多いです。

私が若い頃は、本を読んだり、先輩に聞いたりして工夫しながら、予防やケアをしたものです。

情報が溢れている今の時代、スマホも有効に使えば、自分にとって何が有効なのか、何が必要なのかを調べることも容易なはずなのに、他人に指示されないと行動できない子が多い。

踊りに対しても、一から十まで言わないとできない。
自分なりの踊りを咀嚼してパフォーマンスできないのです。
コンクールなどでも、自分で考えて動けない子が多い。

それって、やっぱりダメですよね。

自分の身体に対しても、みんなあまりにも雑に扱いすぎ。

だって痛いもん。
それもう半年前から言ってない?

だって治りません。
治す努力してないのに、諦めるの?

それって、練習もしてないのに、私には無理ってヴァリエーション諦めるのと同じ。

身体を丁寧に扱うことは、自分を大切にし、踊りに対しても真摯に取り組んでいるということ。

怪我をしてからのケアも大切だけど、これからは、良いパフォーマンスをするために、技術向上のために色々工夫することが必要になってきます。

もっともっと自分を大切に。

昨日は、そんなことをあらためて考えさせてもらえた実りある一日でした。

ファイテンさん。
ありがとうございました^ – ^




⌘iPhoneから送信