ナミュー広島①

ナミュー広島①

12月25日からコンクールのため、広島へ行ってまいりました。

10月の公演が終わり2ヶ月しかなく、新しい演目にチャレンジしている時間はないのでそれぞれ経験済みのvaに挑みました。

中学生2名、高校生1名、シニア1名。
中学生組は、私と一緒に前日広島入り。
コンクール初チャレンジの光璃。
経験はありますが、久しぶりの青空。
2人は仲良し。
2人で色々話しながら、和やかなムード。

26日、真理帆、優梨も合流。

中学生組から予選。
緊張している2人。
やはり何かと手のかかる中学生です。
指示をしないと動けないので、そこはしっかりこれから経験を積んで、自分で考え、コンディションを整え、本番へもっていって欲しいところです。

優梨は今回、残念な結果でした。
大きなくくりで言うと失敗です。
やってはいけない失敗だったかもしれません。だけど、この経験は、きっと次へ繋がるはず。
もちろんコンクールは一発勝負。あれが練習なら「あっちょっとちょっと、音止めます。もう一回やってみ」というくらいの出来でした。
本人が一番悔しいはず。ビックリしたはず。国際コンクールでも経験してきたvaなのに。
そこがコンクールの怖さなんですね。
泣きました。
私も泣きました。ママも泣きました。
色々話し、また頑張ると言ってくれました。
その気持ちが嬉しいです。

そして真理帆。
真理帆エピソードはかなりありますが、それはまたゆっくり。
今回7位入賞をいただきました。
数年前にもいただきましたが、ここに至るまでには、紆余曲折 ありました!
決選のオーロラ。
本当にキラキラ輝いていました。
自然と涙が溢れました。今までの私と真理帆のやり取り、エピソードが思い出され泣きました。
今の真理帆の精一杯の力だったと思います。
その夜すぐ、「私のコンクール人生7位では終わらない」と言ってくれたことに、かなり遅咲きですが(笑)成長を感じれたことが何より嬉しいです。

年齢により、とりまく環境は違うけれど、バレエに対する感情は皆同じ‼️
バレエを愛する気持ちは皆同じ‼️

これからも、生徒の夢が叶うよう全力でサポートしていきたいとあらためて感じたコンクールでした。
まだ続きます。





⌘iPhoneから送信