小川亜矢子先生を偲んで

本日、新聞等の報道でもありましたが、振付家であり、バレエ指導者の小川亜矢子先生がお亡くなりになりました。

81歳の天寿を全うされました。

亜矢子先生は、日本人で初めてロイヤルバレエスクールに留学した方であり、日本に初めてオープンクラスでのチケット制を導入された、バレエ界の先駆者。

 

亜矢子先生のレッスンを受けたくて、夜行バスで12時間かけ、東京まで通った10代・20代の頃。

当時、六本木にあったNY風のいくつもあるスタジオ・・・

『スタジオ一番街』

そこへ通ってくる、プロのダンサーたち。

そのスタジオが、舞台にも変化する設計になっていて、亜矢子先生の選ばれたお弟子さんだけが、パフォーマンスに参加できたこと。

あまりにも受講生が多く、定員オーバーで受けられなかったり、受けられたとしても、私は全く目に留まらず、注意をもらいたくて張り切り過ぎて、次の日筋肉痛に悩まされたこと。

そして、亜矢子先生の作品に出演させていただき、作品の内容や技術の難しさについて行けず、しごかれたこと。

今では、全て貴重な思い出です。

 

私の青春時代は、全てバレエに捧げましたが、その中にはたくさんの先生方や仲間がいます。

おこがましいですが、亜矢子先生は、もちろんその中の一人。

振付やリハーサル中は、全く笑顔は見せず、とてもお厳しく、本物のプロしか指導しない。

そんな亜矢子先生も、ご自分の作品のカーテンコールの時だけは、とびきりの笑顔と白鳥のようなレベランスをされ、ダンサーをねぎらってくれました。

本当にお美しく、ため息が出たのを今でも忘れられません。

当時、60代だったのではないでしょうか。

 

先生は、当時の方にとっては背が高く、168㎝くらいだったと思いますが、「この身長のお陰で、海外へ行っても物おじしなかった」とか、私には「あなた、背が高いんだからもっと大きく動きなさい」、「爪が割れるなんて鍛錬が不足している証拠」と、大切なお言葉を残してくださいました。

今では、海外留学なんて当たり前ですが、先生が活躍されていた時代は、私たちの想像する以上のご苦労があったはず。

私も、亜矢子先生のように信念を貫き、強く、そして優しい女性になりたいと心から思います。

亜矢子先生、ありがとうございました。

どうぞ、安らかにお眠りください。

合掌