LINEの利用について


最近、生徒及び保護者の方々から、極めて個人的なご相談や、進級についての問い合わせを、LINEやメールによりいただくことが多くなってきております。
その内容を見ると、そもそもご家庭での問題、躾の範囲ではないかと感じることが多く、正直私がアドバイスを差し上げる範疇を超えているのではないかと思うことも多くあります。
また、昼夜を問わずに送られてくる長文メールに対しては、その返信にも苦慮しているところです。
そもそも、生徒及び保護者の方々とのメールによるやりとりにつきましては、簡単な連絡事項を伝えるための手段として考えています。
誤解されては困りますが、私はこれまでも生徒たちだけではなく、保護者の方々とも常に真剣に向き合ってきたという自負があります。ご相談に対しても、可能な限り時間をとって話を聞かせていただいてきました。

メールによるやりとりで、お互いの真意が伝わるとは思いません。
真剣な相談であれば、面と向かって話をすることが相手に対する礼儀でありますし、それさえも出来ない人に、観客を感動させる踊りができる訳がありません。
今後、ご意見やご相談がある場合は、お電話か直接お会いしてのほうが、誤解もなく対処できるかと思いますので、何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

田中 景子


⌘iPhoneから送信