ポジションを決めたら動かさない

普段のレッスンから頻繁に注意していますが、一度ポジションを決めたら動かさない、、、『だーるまさんがこーろんだ』のつもりでレッスンに取り組んで欲しいのです。

バーレッスンのプリエからポジションチェンジの時に踏み替えをしないよう指導しています。これはセンターあるいは、vaや作品、男性と踊るパドドゥもそうですが、一度でスパっと正確なポジションに入れなくては音楽にずれてしまうのと、正しい筋力がつきません。

よくあるのが、ピルエットの時に前の足を動かしてしまう。

プリゼに入る前に前の足を動かしてしまう。

ストゥニュールツールからのスッシュで止まれなくて動いてしまう。などなど数えればキリがないほどです。

子供には少し難しいかもしれませんが、大人クラスの方にはご理解いただけるかと思います。踏み替えをしてもピルエットは回れるし、プリゼも跳べます。vaは、表現力があり美人で表情豊かな方でしたら、一瞬うまく出来ているように見えるかもしれませんが、、、笑笑 ただしコンクールでは大減点に繋がります。プロでも踏み替えをしている人はいます。が、あまり美しくありません。踏み替えをして跳んだ方が軽く跳べる感覚があり、やり易い。踏み替えしない方がキツイのは、アンディオールする筋力が不足しているからキツイのであって正しくコントロールしている証なのです。

クラシックバレエは決められたポジションにしっかりはめていかなければいけません。軸脚が床を踏み切る瞬間までアンディオールを意識できないようであれば、安定した踊りはまだまだということになります。

どんなに身体能力が優れていても、スタイル抜群でも、美人でも、甲が高くても、膝がしまっていても、才能溢れるダンサーであっても、自分の都合で簡単にポジションを変えてしまい、踏み替え禁止という些細なことに気を配れない人は、なかなか踊りのクオリティは向上しません。

階段を一段一段上がっていくように、積み木を一つひとつ積み上げていくように、日々学びを忘れないように気をつけていきましょう。

※写真はvaクラスの特訓風景です。シェネのコントロールをゆっくり身体と頭で覚えてもらっています。

先ずきちんと立つ。体幹ブレず。あと数ヶ月で正しく回れるはずです❗️

2022年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031