ホーム>田中景子バレエ団 団員ブログ>2016年12月

2016年12月

2016年も終わり

2016年も終わり

さて、年末皆さまいかがお過ごしでしょうか?

今年は、お陰さまで スクール創立20周年を迎えることができました。

例年通り2月のウィンターバレエから始まり、コンクール、そして6月には韓国国際バレエコンクール出場のため、ソウルまで行ってまいりました。
各国から集まるダンサーや指導者の方々とふれあい、たくさんの気付きがありました。
10月には記念コンサート。
20年の区切りとして、今表現できる全てを出し切れた舞台だったと思います。

バレエの指導を通し、これまで多数の生徒や保護者の方々との関わりを持ってきました。
自分を信頼してくれる生徒たちと真剣に向き合ってきた20年であり、今後もその気持ちに変わりはありませんが、あらためて、指導者・生徒・保護者の関係性が正三角形でないとバレエ教育は成立しないということを考えさせられた一年でもありました。

年末までコンクールに出場するなど、今年も多忙を極めた一年となりましたが、生徒たちが夢に向かって必死に努力する姿を間近で見られることで報われる気がします。

また、新しい一年が始まります。
20年。20歳。やっと大人の仲間入りです。
21年目からは、今まで積み上げてきたことを、少しずつ形にできればと願っています。

皆さまにとりまして、2017年も幸多き年となりますように。

田中景子バレエ団

田中景子









⌘iPhoneから送信

ナミュー広島⑤

ナミュー広島⑤

真理帆とは、正直 心通い合うことできない時期もあり悩みました。
もう大人ですが、まだまだ頼りなく危なっかしく見えます。
叱った回数も、過去の生徒で一番多いかもしれません。
真理帆も私の気持ちがわからなかったと思います。
カミナリ落とした時は、ママに報告した事もあります。正直、大人の女性に対し、いつまでもママに逐一報告っていうのもおかしな話ですが、それくらい真理帆を心配していたし、私の性格上、ものごとをハッキリさせ誤解を生じさせないようにしたかったからです。
幸いママは、素晴らしい人格者。
いつも、娘側ではなく、私の味方になってくれるのです。当然、実の親娘ですからどんなことがあっても娘の味方のはず。だけど、私には『先生のおっしゃる通りです。よくぞ言ってくださいました』と私の味方をしてくれます。それがどれだけ救いになったことか。一時は、バレエも諦めなければダメかなというところまで追い込まれていた真理帆。よく復活しました。

真理帆 感想文(本人の許可とってます)

今回のコンクールは 初めての近畿圏外ということで とてもいい経験をさせていただきました。
初めて行く場所 初めての泊りがけのコンクール 準備物がたくさんありましたが景子先生や 保護者のお母様方のおかげで当日もスムーズに移動 宿泊することができました ありがとうございました。

いつも 冬のコンクールは 3月に出場させていただくことが ほとんどなのですが今回は12月末ということで 10月の舞台からもそれほど期間があいていなかったのでモチベーション コンディション共にいい状態で 特訓を始めることが出来ました。

特訓期間中は 今までのコンクール特訓よりも濃い時間だったと思います。
後輩たちとランニングをしながら 帰ったり目が回るほどのトレーニングをする中で特訓中に泣いてしまい 先生に 話を聞いてもらう こともありました。

コンクール当日 予選では場当たりで あまり思ったように 動けなかったことや 他の出場者のレベルの高さに 焦ってしまい 自分でも いい踊りとは 言えない出来でしたがなんとか 予選通過して もう一度 バーをやり直し 先生にダメ出しをいただきいざ 決選の舞台袖に行ってみると 「出来る」としか 思わなかったです。
実際は 改善するべきところもたくさんありますし 自分の今の実力でもまだいけたな と思うところもありましたが
一番 清々しく晴れやかな気持ちで 踊ることが出来ました 。

自信満々で 踊るということが どうやればいいか 分からなかったのですが 今回の決選で 分かった気がします。

今回の経験を活かして 次のコンクールではさらに上位を目指していきたいです。
まだまだメンタルの弱い私にいつも 寄りそって 話を聞いてくれたり弱気になると喝を入れてくれたり熱心に指導してくださる先生と私の食生活面や 精神面でも いつも一番支えてくれてる母に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。

中川 真理帆





⌘iPhoneから送信

ナミュー広島④

ナミュー広島④

中学生 青空^ - ^

あおちゃんは回転が上手。トリプルピルエットやそれ以上の回数も難なくこなします。
でも、アームスや膝下のコントロールがまだまだ未完成で、これからは身体を繋げて動けるようになるともっと良くなります。
出番前、舞台そでで衣裳背中を縫い、玉留めをするため『ハサミちょうだい』というと、『楽屋に忘れました』『え?針・糸持ってきて何でハサミないの?』
楽屋は四階です。取りに走る時間ない(≧∀≦)
私の歯で切りました(笑)差し歯でなくてよかったです。

青空 感想文(本人の許可とってます)

今回はコンクールに出場させていただきありがとうございました。
先生には大変お世話になりました。
コンクールは久しぶりだったので不安もあったのですが先生、先輩、友達、両親に支えられて、踊ることが出来ました。ありがとうございました。
私はいろんな方々に支えられてバレエが出来ているんだなと実感しました。いつも支えてくれている方々に感謝してレッスンしようと改めて思いました。
そして入賞している人と自分の違いはポジションを綺麗にとっているかというところなのかなと思いました。日々のレッスンでも学んだ事をいかしていこうと思います。
悔しく結果におわりましたが夢に向かって自分の足りないところを重点的に頑張ろうと思います。

横井 青空

夢に向かって走れ^ - ^




⌘iPhoneから送信

ナミュー広島③

ナミュー広島③

中学生^ - ^光璃

コンクール初出場‼️
まじめで素直。
とにかく初めてなので、オロオロするばかり。
アイライナーは?眉ペンシルは?
あれ?みたいな、天然なのか何なのか(笑)
これから経験を積み、計算して動けるようになれば良いですね。
しかし、初出場で予選通過。
よく頑張りました。

光璃感想文(本人の許可とってます)

約2ヶ月の練習期間と本番の3日間、本当にありがとうございました。
すごくいい経験になりました。
初めてのコンクールで、分からないことが多くて、先生や先輩方に迷惑をかけてしまったと思います。
予選の場当たりでも、思うように動けなくておどおどしてしまいました。
その時先生に、「気おくれしてる。広島まで来た意味を考えなさい。」と言われました。
なので、とにかく笑顔でやろうと思って舞台に出ました。
舞台に立ってからは緊張もなくなって、本当に楽しく踊れました。
決戦の場当たりでは、ピルエットの最終確認をして、マネージの練習もおどおどせず前に立ってしっかり位置確認が出来ました。
そして決戦の舞台に立った時は、いろんな人への感謝の気持ちと、
楽しさでいっぱいでした。
そして今回絶対成功させるつもりで挑んだトリプルのピルエットも無事成功し、本当に嬉しかったです。
今回のコンクールで見つかった課題は、やっぱりまだつま先とひざが伸びきらないことです。
なので、これからのレッスンでもっともっと伸びるようにしていきたいです。
まだまだ弱いところがいっぱいあるので、もっと強くなりたいです!!
そして、どんな舞台でも感謝の気持ちを忘れずに踊りたいです。
家族、先輩、友達、景子先生、ありがとうございました。

大黒 光璃

将来楽しみです‼️




⌘iPhoneから送信

ナミュー広島②

ナミュー広島②

高校生 優梨^ - ^
優梨には彼女が4歳から指導をしています。
いつもニコニコ‼️穏やかな性格です。
だけど、芯はとても強く。へこたれません。
私のハードな筋トレにも弱音を吐かず付いてきます。
そんな優梨。
今回は、本番前に少し体調を崩してしまいました。
本番当日も、中学生2人の出番と優梨の出番が近く、中学生に付き添っていたこともあり『コンクール慣れしている優梨だし、自分で修正してきてくれるだろう』と優梨に出番前の数十分しか付くことができなかったのです。
その時に、前日気が付かなかったお腹とお尻の筋力が落ちていることがわかりました。前日に気が付いていれば、その部分の強化ができたのに。優梨ごめんね。今回は残念な結果でしたが、思い切り泣き、決選までいった後輩や先輩のお手伝いを最後までしてくれました。
ママも素晴らしい方。本心は大阪へ連れて帰りたかったはず。だけど優梨を私に預けてくれました。ここで帰るとダメになってしまう。この悔しさをバネにして欲しかったのです。
親娘で素晴らしい。

優梨の感想文(本人の許可とってます)
2日間、本当にありがとうございました。
数カ月間、指導して頂いた景子先生や応援してくれた親に本当に感謝と申し訳ない気持ちでいっぱいです。

今回踊ったタリスマンのvaはもう何回も舞台で踊ってきていて、何回も練習したvaです。なのに今までで1番悔いの残る踊りになってしまいました。普段しない失敗もしてしまいました。もう一度やり直したいと心から思いました。でもそれができないのが舞台というもので、どこがダメだったかも自分で分かっています。
そこを課題にこれからもっと練習を積んでいきたいと思います。
今回は悔しい結果になりましたが、これをバネにして頑張ります。
ご指導、宜しくお願いします。

京野優梨

優梨、また仕切り直し頑張ろう^_^






⌘iPhoneから送信

ナミュー広島①

ナミュー広島①

12月25日からコンクールのため、広島へ行ってまいりました。

10月の公演が終わり2ヶ月しかなく、新しい演目にチャレンジしている時間はないのでそれぞれ経験済みのvaに挑みました。

中学生2名、高校生1名、シニア1名。
中学生組は、私と一緒に前日広島入り。
コンクール初チャレンジの光璃。
経験はありますが、久しぶりの青空。
2人は仲良し。
2人で色々話しながら、和やかなムード。

26日、真理帆、優梨も合流。

中学生組から予選。
緊張している2人。
やはり何かと手のかかる中学生です。
指示をしないと動けないので、そこはしっかりこれから経験を積んで、自分で考え、コンディションを整え、本番へもっていって欲しいところです。

優梨は今回、残念な結果でした。
大きなくくりで言うと失敗です。
やってはいけない失敗だったかもしれません。だけど、この経験は、きっと次へ繋がるはず。
もちろんコンクールは一発勝負。あれが練習なら「あっちょっとちょっと、音止めます。もう一回やってみ」というくらいの出来でした。
本人が一番悔しいはず。ビックリしたはず。国際コンクールでも経験してきたvaなのに。
そこがコンクールの怖さなんですね。
泣きました。
私も泣きました。ママも泣きました。
色々話し、また頑張ると言ってくれました。
その気持ちが嬉しいです。

そして真理帆。
真理帆エピソードはかなりありますが、それはまたゆっくり。
今回7位入賞をいただきました。
数年前にもいただきましたが、ここに至るまでには、紆余曲折 ありました!
決選のオーロラ。
本当にキラキラ輝いていました。
自然と涙が溢れました。今までの私と真理帆のやり取り、エピソードが思い出され泣きました。
今の真理帆の精一杯の力だったと思います。
その夜すぐ、「私のコンクール人生7位では終わらない」と言ってくれたことに、かなり遅咲きですが(笑)成長を感じれたことが何より嬉しいです。

年齢により、とりまく環境は違うけれど、バレエに対する感情は皆同じ‼️
バレエを愛する気持ちは皆同じ‼️

これからも、生徒の夢が叶うよう全力でサポートしていきたいとあらためて感じたコンクールでした。
まだ続きます。





⌘iPhoneから送信

レッスン終了

レッスン終了

本日、2016年の全てのレッスンが終了いたしました‼️
みんなの元気な顔を見れないのが寂しいですが、しばらくはお正月休み^ - ^
クリスマス&お正月と楽しいことがたくさん(^。^)
おやすみが長いので、おうちでストレッチだけでもしておいてくださいね。

私は年末、今年最後のコンクール‼️
頑張って付き添いへ行ってまいります。

また、結果ご報告します^_^

4人共それぞれが実力発揮できますように!





⌘iPhoneから送信

ウォームアップジャケットパンツ

ウォームアップジャケットパンツ

お待たせしました‼️
タフレックスジャケットに続き、バレエ団・バレエスクール指定のウォームアップジャケットパンツが出来上がりました。

素材良し、手触り良し、肌触り良し^_^

そして、とってもスタイルが良く見えます。

お申し込みをした方は、年内にお渡しできます^ ^




iPhoneから送信

クリスマス会

クリスマス会


おはようございます
ますみです!

今日は皆が楽しみにしていたクリスマス会でしたね〜〜(^_-)
去年は生徒たちから、先生たちも風船割りやってほしかった〜という声があってので、今年は参加しました!!笑

皆楽しんでくれたでしょうか〜??

上級生のvaの披露は皆にとって良い刺激になったのではないでしょうか(^o^)
2月4日のウィンターバレエも皆さんお越しください!!

クリスマス会の後はカンパニークラスでスタジオの大掃除!!スタジオ綺麗になりましたよ〜(°▽°)


⌘iPhoneから送信

LINEの利用について


最近、生徒及び保護者の方々から、極めて個人的なご相談や、進級についての問い合わせを、LINEやメールによりいただくことが多くなってきております。
その内容を見ると、そもそもご家庭での問題、躾の範囲ではないかと感じることが多く、正直私がアドバイスを差し上げる範疇を超えているのではないかと思うことも多くあります。
また、昼夜を問わずに送られてくる長文メールに対しては、その返信にも苦慮しているところです。
そもそも、生徒及び保護者の方々とのメールによるやりとりにつきましては、簡単な連絡事項を伝えるための手段として考えています。
誤解されては困りますが、私はこれまでも生徒たちだけではなく、保護者の方々とも常に真剣に向き合ってきたという自負があります。ご相談に対しても、可能な限り時間をとって話を聞かせていただいてきました。

メールによるやりとりで、お互いの真意が伝わるとは思いません。
真剣な相談であれば、面と向かって話をすることが相手に対する礼儀でありますし、それさえも出来ない人に、観客を感動させる踊りができる訳がありません。
今後、ご意見やご相談がある場合は、お電話か直接お会いしてのほうが、誤解もなく対処できるかと思いますので、何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

田中 景子


⌘iPhoneから送信

ページ上部へ